本多記念教会

記事一覧(89)

ためらわず行く

2018年5月13日使徒言行録10章1-33節 福音がユダヤから異国の者に伝わっていく。それまでになかったこと。画期的出来事をルカは記す。ただこれは過去の記録ではない。ルカはこの出来事はいつでもどこでも起こるものとして読者に語りかけている。人の心がある備えをなせば伝わらないと思っているものが、どこまでも広がっていくと語りかける。何が私たちの心に必要なのか。ペテロは異国の者、コルネリウスと出会う直前、二人の女性を癒している。片方は偶然に出会った者、もう一方は計画の中の者。片方はまだ息がある間に合った者。もう一方は、すでに息絶え、間に合わなかった者。正反対の者。正反対であるがどちらの者にもペテロは声をかける。「立ち上がれ」と。すると彼女達は立ち上がる。同じことが起こる。状況が正反対でも同じことが起こる。ペテロとコルネリウス。ヤッファとカイサリア。離れた街にいる二人。カイサリアにいるコルネリウスは「ヤッファにいるペテロの所に行け」との言葉を主から受ける。ヤッファにいるペテロも夢で「神が清めたものを忌み嫌うな」と異国の者との交流が始まる暗示を受ける。離れている両者がそれぞれにこれから起こることの示しをいただく。片方にだけ言葉をかけて「行って来い」「頑張れ」とはなっていない。両者に語りかける。ヤッファではカイサリアについてのことが。カイサリアではヤッファについてのことが。お互い離れた所で同じ出来事を共有する。「同じ」の共有が起こる。ペテロが癒した女性たち。正反対の状況で同じことが起こる。ヤッファとカイサリア、異なる地でお互いに相手を共有している。あたかも鏡に写しているように正反対なのだが同じものが浮かび上がっている。人が「伝わらない」と諦めたもの。それがどこまでも広がる。ある心の備えが必要。何が必要なのか。「同じ」と見据える心。正反対でも「同じ」ものだと見極める心。目に見えるものは異なるもの、相反するものに見えるかもしれない。それでもその本質には「同じ」がる。それを見定める。「味方と敵」「生と死」全く正反対の異なるもの。永遠の命。敵を愛する。敵も味方も変わらない。生も死も変わらない。主イエスが私たちに残してくださったものは「同じ」を見極める力。「同じ」その心の持ち方が世界を広げていく。 

起き上がれる

2018年5月6日使徒言行録9章36-45節 イースターから40日後、主イエスは天へと昇られた。今年の暦では今週の木曜日がそれにあたる。主が天へと帰られた後、聖霊が下り教会の時代が始まる。使徒言行録はその教会の時代を記す書物。教会の時代、何が起こったのか。主の後に下った聖霊は何を行ったのか。ペテロが二つの奇跡をなす。二人の女性、アイネアとタビタに奇跡をなす。二つの出来事はよく似ている。聖書は時々こういう書き方をする。似ているものを隣接させてそこからメッセージを語りかける。二つの物語は読者に何を語りかけているのか。二つの物語が持つ共通点。アイネア、タビタ、この二人は病が原因で床に伏している。そこにペテロがやってくる。そして語る。「起きなさい」と。この二人は起き上がる。それを見ていた人々は「立ち返る」「主への信仰を持つ」とある。今までと違う何かと接したから「立ち返り」「信仰」は生まれたのだろう。彼らは何を知ったのか。彼らがそれまで見ていた世界とはどういうものだったのか。「起きなさい」と言われて立ち上がる。これに驚く。なぜなら彼らは思っていた。人は倒れたら立ち上がれない、と。過ち、失敗、罪、犯したら一生背負う。一生支配される。倒れたら立ち上がれない。ペテロは語る。倒れているものに「起き上がれ」と。すると起き上がる。人は立てる。倒れても立てる。彼らは知った。新しい世界。まことの世界の本質。しかしそれはペテロがいたからではないか。かつての話で今とは無関係なのではないか。二つの物語の相違点。そこにその答えがある。 アイネアとの出会い。これは偶然のもの。一方、タビタは人に案内されて行く。会うことが想定の中にある。アイネアは8年病で苦しんでいたがペテロと出会ったとき生きていた。タビタはすでに死んでいた。間に合ったもの、間に合わなかったもの。二つの物語には相違がある。この相違は何を語るのか。「偶然」と「想定内」「時間内」と「時間外」。正反対の状況。正反対の状況で同じこと「立ち上がる」が起きる。「立ち上がる」それは正反対でも起きる。片方から片方に至るまで起きる。それはどんな状況でも起きるということ。聖霊は何を行ったのか。人は倒れても立ち上がれる。特別の条件、原因があってそれは起こるのではない。どこであろうと、いつであろうとそれは起こる。今、ここでも。聖霊の業。私はいつでも立ち上がれる。 

「欲しい」

2018年4月29日創世記25章27-34節ヤコブの物語が始まります。ヤコブは双子の弟。兄はエサウ。母親のリベカはこの二人を胎に宿したときに大変苦しんだ。お腹の中で争い合う二人。どうかなってしまうのではないかと苦しんだ。二人のものが争う。隣り合っているもの。そっくりなもの。その両者が争う。どこにでもあること。いつの時にもあること。リベカの胎の中の出来事は世界の姿。 なぜ世界は争うのか。私たちの心の中に何があるのか。成長したエサウとヤコブのやり取りがそれを教えてくれる。狩を得意とするエサウ。そのエサウが狩から腹をすかせて帰ってくる。ヤコブの料理。それが欲しくてたまらず懇願する。「それを今すぐ食べさせてくれ」。これに対しヤコブは「ならばあなたがもっている長子の権利を私に譲ってくれ」と持ちかける。空腹のエサウはヤコブの申し出を受け入れ長子の権利と交換に食事にありつく。エサウとヤコブは何をしたのか。彼らの心の中にあるものはなにか。 この物語の二人に共通しているもの。それは「欲しいものがある」ということ。エサウは食事が欲しい。ヤコブは長子に権利が欲しい。聖書は人が「何かを求めること」を否定してはいない。ただ、何を求めたら良いのか、それはしっかりと問いただす。「つまらないものを求めるな」と語る。ヤコブとエサウが求めたもの。この後の展開ではこれが原因で両者は仲たがいをしていく。求めなくてもいいものを求めたからか。求めなくてもいいものとは何か。エサウは「すぐに欲しい」。ヤコブは「自分にないものを欲しい」。どちらも欲望を掻き立てるには十分な材料を持っている。「今すぐ」「自分に欠落しているもの」欲しい、必要を正義にする。人は何を求めるのか。物語の進行と共にそれは段々と明らかになるが今日の箇所で私たちが確認したいこと。それはなぜ争い合う双子が生まれたかということ。両親、イサクとリベカが神に祈り、それを神が聞き入れたからと聖書は記す。争い合う二人は神の働きによって産まれた。神の手によって生まれた。「今すぐ欲しい」神に包まれているのに「今すぐ」の判断は必要なのか。「自分にないものが欲しい」。神に支えられているのに「足りないもの」が本当にあるのか。神を忘れて欲しがるもの。余計なもの。神を覚えて欲するもの。必要なもの。「欲しい」自分だけに集中していなか。そこに世界は見えているか神を見ているか私の思い「欲しい」小さいものを求めていないか「欲しい」はもっと大きなものを求め出せる力を秘めている。

予定外

2018年4月22日使徒言行録9章19-31節 目が見えるようになったサウロ。彼はどのような世界を見たのか。「見える」とは何が見えることなのか。サウロはすぐに「この人こそ神の子だ」と宣教を始める。サウロが回心したとは教会の側の言い方。サウロがそれまで属していたユダヤ教の側からは、裏切り者。間違った道に入り込んだ愚か者。ユダヤ教の者から、旧知の者から命を狙われる。一方の教会はどうか。回心したとは言え、それはさウロの内面で起こったこと。誰もそれを信じられない。教会においてもサウロは受け入れられない。四方八方敵だらけ。見えるようになったサウロがみている世界。そのような世界でサウロは伝道をする。敵を増やすかのような行いをする。何故そのようなことを行うのか。見えるようになったサウロが見ているもう一つの世界がある。サウロの宣教の第一声は「この人こそ神の子」。サウロの目が見えなくなった時、彼は主イエスと直接に言葉を交わした。「この人」。もう姿が見えなくなったはずの主イエスを「この人」と呼ぶ。サウロには主イエスは遠い存在ではない。直接話せる、すぐそばのもの。敵が四方八方から迫っている。それは現実。そしてさサウロにはもっとはっきりとした現実があった。敵よりも何よりもすぐそばにいる方がいる。主イエス、神がすぐそばにいる。すぐそばにいる神は何をなさる神なのか。敵だらけのサウロを弁護する者としてバルナバの働きを物語は記す。使徒言行録は神の働きを明快に語っている。主イエスが離れた後、12弟子以外の者が登場してくる。ステファノ、フィリポ、サウロ、バルナバ。次々に目覚しい働きをするものが現れる。神は何をなさる神なのか。新しいものを起こす。次々に起こす。次々に新しいことをなす。日々、新しいことを創造する。すぐそばに神様がいる。すぐそばで新しいことが創造されている。そばにとどまらない。私自身の中でも起こっている。私が新しくなっている。罪、過ち、過去、人を閉じ込め、古いままにしておこうとする力。新しくなったサウロをユダヤ教は受け入れない。新しくなったサウロを教会は信じられない。誰も理解してくれなくとも、応援されなくともサウロのすぐそば、彼の中で起こっていることは常に新しいものが造られている。古いものに付き合ってはいられない。すぐそばで新しいことが常に生まれている。サウロはその世界を見ていた。その世界を語った。見えるとは何が見えるのか。語らずにはいられない。喜ばずにはいられない次から次に押し寄せてくる恵みを見る。

見えるようになる

2018年4月15日使徒言行録9章1ー19節サウロの回心。使徒パウロの誕生。教会は2000年続いている世界的組織。その礎を築いたパウロの回心は紛れもなく歴史的一大事。歴史に新しいページが刻まれた。それはどのようにして起こったのか。世界の新しいページはどのようにして生まれるのか。聖書が記す新しい世界の始まりを紐解いていきたい。サウロの回心は道で起こった。聖書は「道」をとても大切に扱っている。「道」とは何か。この直前の物語はフィリポの話。フィリポは最初、サマリアの街で活躍する。そのフィリポの働きを購入したいという者が現れた。これは街を象徴している出来事。街は落ち着き、安定している。街にはルールがあり、しきたりがある。街では守らなければならにものがある。誰もが守る。誰もが同じ振る舞いをする。「同じ」「繰り返す」「反復」。システムが行きわたって街になる。「経済」。鉱物、紙、それが貨幣という価値を持つ。システムで守られているから。フィリポの働きを購入したい。街を象徴する言葉。システムが主人公でしょうという価値観の現れ。フィリポはそれを否定する。「同じ」「反復」「システム」が通用しないものがある。フィリポは道に出る。そこで同じではないものと出会う。異国人の宦官。同じでないものが洗礼を受ける。「同じでないもの」は遠い。「同じ」は味方。同じでないもは敵。「同じ」が正しい。その価値観が崩されていく。そして物語はサウロの回心とつながる。サウロは教会を迫害するためダマスコに出かけていく。それが彼の予定。正しさ。その予定が結果という「同じ」ものを手繰り寄せると信じていた。ところが道で主に出会い目が見えなくなる。予定していた結果が遠のいた。正しさが遠のいた。同じ時、神からアナニアに言葉がくだる。「サウロを助けに行け」と。アナニアは即座に断る。自分の持っている情報、経験からサウロには関わるべきではないという判断を持っていたから。それが正しいと信じていた。しかし神はアナニアをパウロのところに送る。そこでサウロはアナニアに助けてもらい洗礼を受ける。使徒パウロは生まれる。アナニア、パウロ、正反対の立場にいたもの。正反対にいながら、両者は同じ体験をする。私の予定、私の経験、私の正義が打ち壊される。私が崩される。世界の新しいページはどのようにして築かれるのか。私が、皆が打ち砕かれたところにそれは始まる。十字架、砕かれた命。そこに神の栄光が現れた。魂が砕かれた時は悲嘆にくれる敗北の時ではない。世界が大きな一歩を刻む時。砕かれる。悔い改める。新しい世界が始まる。

街いく探検隊

本多記念教会は「街いく探検隊」に参加しています。子どもたちが街を歩きながら街を知り、街を好きになる取り組みです。清掃活動もします。子どもたちは「道」で活動します。「道」とは何でしょう。聖書には「道」を舞台にした話が沢山あります。大事なことは「道」で起こっていると言ってもいいくらいです。弟子たちが復活したイエス様に出会ったのもエマオに向かう道でのことでした。「道」は街と街とをつなぐものです。出発点と目的地をつなぐものです。お家と学校をつなぐものは道です。出発点、目的地、お家、学校、街それは安心できるところです。整っているところです。でも道は違います。誰に会うのか、何が起こるのかわからにところです。道は怖いところ、不安なところです。道は誰ものでもありません。ですから、道ではいろいろなことが起こります。聖書では強盗が登場するのは「道」です。誰にも叱られませんから、みんな勝手なことをします。ゴミも捨てます。人を傷つけたりもします。道にいる時間怖い時間。家、街にいる時間安心の時間。道の時間街の時間私たちの生活は「道の時間」「街の時間」があります。つらい時間と楽しい時間神様は道に現れます。神様は道にいます。不安な時間悲しい時間そこの神様はいます。不安な時間。それは神様が一緒にいてくださる時間です。不安な時間、それは本当は不安に思わなくていい時間なのです。いつでも私たちは守られた時間の中にいます。道を怖がる人がいます。道をきらう人がいます。道を汚す人がいます。本当の道を知らない人たちです。道(不安)で神様に会えます。道(心配)で楽しいことに出会えます。道で私を知ることができます。街いく探検隊道の素晴らしさをみんなに伝えるましょう。世界には怖いところ汚いところはどこにもない。世界の本当の姿を取り戻すため探検に出発です。次回「街いく探検隊」の出動日は6月10日です。

はじめも終わりも導きのまま

2018年4月8日使徒言行録8章26ー40節フィリポと出会った宦官は洗礼を受ける。神を信じたから。信じるとは何か。信じるについての具体的な説明はない。ただこの物語は言語にしなくとも構造で語っている。信じるとは何かを。フィリポ、もともとはお食事当番。宦官、エチオピアの女王に仕える者。お食事当番と高貴な者が出会う。本来はありえないこと。人の常識、経験ではなかったこと。物語は、私たちの既存の思いを壊す。宦官が読んでいたのはイザヤ書の「苦難の僕」の詩。フィリポはそれを解説する。主イエスについて語る。神を信じていたユダヤ人が神の子を殺した。神の子を「神を冒涜するものだ」と言って殺した。神を信じてるという自覚。そこに大きな危険がある。神が分かる。神を知っている。信仰はそれと結びつくと思っている。分かるとは何か。分かるとは私の脳の中に対象を収納すること。分かった対象、それは脳よりも小さい。神は果たして人の脳より小さくできるのか。人の脳に収まるものを「偶像」と言う。神は偶像ではない。神は生きている。人の脳よりはるかに大きい。すなわち神は分からない。イエスを殺した者たち。「神は分からない」を忘れていた。身分の異なる者の出会い。神は分からない。どちらも人の思い、予定を超えていく。予定、思いを超えていくもの。私たちは不安を覚える。今日の物語の舞台は「道」。街と街をつなぐものが「道」。街は安全、安定の場所。これに対して「道」は不安定な、何が起こるか分からないところ。物語は人が自らの思いの追い付かない現実に包まれていることを語る。不安が人の日常であることを語る。私たちの世界は不安である。人はその不安の中でただ時間を浪費するだけなのか。何を信じればいいのか。物語の最初、フィリポは聖霊に導かれて宦官のところに行く。物語の最後、宦官が洗礼を受けた後、聖霊によってフィリポは取り去られる。思いもよらない所、道、不安の中。しかし、その始めと終わりは聖霊が働いている。不安の外には、不安を包み込んで神がいる。不安と思えるものも神によって始まり、その最後も神が仕上げてくださる。 信じるとは何か。不安よりも大きい平安に包まれている。そこに私はいる。私たちが信じるもの。 

ないことの喜び

2018年4月1日ルカによる福音書23章56節ー24章12節絶望の日。何のためにあるのか。そんな日が人生にどうして必要なのか。ルカは、それは準備の日だと言う。何を準備するのか。 ガリラヤから主イエスと共にエルサレムに入った婦人たちは遺体の処理の準備をしに墓に向かう。ところが墓には遺体がない。 私たちは「死」は紛れもない事実だとし、「死」には誰も打ち勝つことはできないと考えている。それは生きている者が止まるということが起こるから。死体があるから。死体こそが「死」の証拠だとする。その遺体が、証拠がない。本当に「死」はあるのか。「死」は絶対の力を持っているのか。絶望の日。何のためにあるのか。主の遺体がないことに慌てた婦人たちは途方に暮れる。その時、墓の中にいた天使たちが「なぜ生きておられる方を死人の中に探すのか」と問う。 絶望をした人間、失敗をした者、罪を犯した者、彼ら、私たちが探す未来とはどういうものか。絶望、失敗、罪、その結果の中で、敗北者として、荒野の中で、かろうじてある残骸の中から「これから」を探そうとする。自分にあるものはもはやこれだけ。自分に許されているものはもはやこれが限界。「なぜ死人の中に生きている方を探すのか」天使の言葉は「探している場所が違う」と言っている。昨日の結果の中に今日を、明日を探すのではない。かつてガリラヤにいた時、主イエスは「死んで甦ると語ったではないか」。すでに語られていたこと。すでに神はなんと語ったか。世界の一番最初になんと言ったか。「光あれ」その光を見て神は「良し」と言われた。この世界は良いと言われた。私たちは信じることができないかもしれない。それはイエスの弟子たちとて同じこと。信じられない。ただ準備をした婦人たちはその準備がなんのためだったか知らされた。過去の整理の準備、敗北の後始末ではない。神が良しと言われた世界でありったけの未来を探す。絶望はその日に至る準備。私の過去がどのようなものであっても、遠慮はいらない。十字架。罪の贖い。昨日まで私は洗い流されている。死んでいる。昨日と私は違う。良い世界に生まれた良い者である。イースター、主イエスの復活。それは私たちのさきがけ。過去に支配されない新しい私が、今日、生まれる。 

イースター・聖餐式

本多記念教会では9時礼拝(子どもの礼拝)でも聖餐式を執行しています。教会は洗礼式と聖餐式、ふたつの儀式を大切に守ってきました。このふたつの儀式には順番があります。最初に洗礼式。それから聖餐式です。イエス様は最後の夜に弟子たちと食事をしました。パンはイエス様の体、ぶどう酒はイエス様の血、それをいただくことでイエス様の恵を体に、心に受けます。同じ夜、イエス様は弟子の足も洗いました。弟子たちの汚れをきれいに落としました。触れて落としました。イエス様に触れられたものが「使徒」となりました。その使徒が触れたものがクリスチャンとなっていきます。キリスト教の信者「クリスチャン」は全員ふれられた系譜に属します。遡ればみんなイエス様にまでたどり着きます。洗礼式は聖職者(触れることで伝えることを任されているもの)からふれられる儀式です。水を通してふれます。元に戻す力のある水で洗礼式が行われます。ふれられた者が礼拝の中でパンとぶどう酒をいただくとそれはイエス様にふれられて、きれいにされた出来事をまた生み出すことになります。イエス様にふれられた系譜に入る前にパンとぶどう酒をいただいても、それはただの食べ物、飲み物です。人は食べ物、飲み物がないと生きていくことができません。聖餐式のパンとぶどう酒は体だけでなく魂が生きるために必要な力です。9時礼拝に集まる方のほとんどは洗礼式を終わっていませんから聖餐式に与ることができません。ですが人は目に見えるこの世界にあるものだけで生きるのではなく、見えない神の恵によって生きることをお伝えするため、聖餐式を執行しています。聖餐式を見ているみんさんにもイエス様にふれていただく系譜に連なっていただきたいと願って執行しています。イエス様にさわっていただきたい。そう思える時が来ることを心から待っています。

闇の先へ向かって

2018年3月25日ルカによる福音書23章44-56節絶望の日。何のためにあるのか。主が十字架にかかった時、周囲の者たちは言った。「お前がメシアなら自分を救ってみろ」。「救えるものなら、救ってみろ」。ここには救いがないと彼らは言う。救い主イエスは彼らの言葉に応えない。「救い」との表現には様々な内容がある。「救い」とは一体何なのか。「自分を救ってみろ」。彼らの期待する救いとは苦難からの解放。その解放は日常への復帰。自分たちが想定する「幸福」への回帰であろう。想像できる「幸せ」知っている「幸せ」。知っているところに帰ることを「救い」と言っている。知っている・過去。「救い」は過去にあるのか。主の十字架の傍らで同じく刑罰を受けている者が声をかける。「御国においでになる時、私を思い出してください」。主が答える。「今日、あなたは私と共にパラダイスにいる」。十字架上での会話。「あとで」の約束をしている。「あとで」を前提にしている。「あとで」・未来。救いとは何か。人の知っているところに帰るのが「救い」と私たちは思う。そこに帰れないことを絶望と言う。しかし、十字架で語られた言葉には知っているところ、過去へ帰る、の意識はない。「あとで」、
この先へ、未来へ。「救い」は過去か未来か。十字架上で主イエスは息を引き取った。闇の日。絶望の日。絶望の中、主の遺体を引き取りに、アリマタヤのヨセフがやって来る。新しい墓に主の亡骸を葬る。福音書はその日は安息日の準備の日である記す。ガリラヤからやってきた女性たちは、亡骸を処置するための香油を準備する。「準備」の時。 主が十字架にかかった日。絶望の日。未来が閉ざされたと感じる時。しかし、その日は準備の日だとルカは言う。準備。明日がある。未来がある。終わっていない。 絶望の日。それは何のためにあるのか。準備をするためにある。この世界にはいつでも明日がある。